忍者ブログ
カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
(06/18)
(04/28)
最新CM
(11/22)
(11/21)
プロフィール
HN:
Zuka!
性別:
非公開
自己紹介:
[184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



sai買った。
軽くて描き味もいいが、今までの塗り方だと彩度がずいぶんおちちまう。
しかし、これで5000円は安い。

コミケに申し込んだ。
サークルカット

MGっつーサークル名で動くことにしました。
今後はこの名前で行きます。ひとつよろしく。
受かるといいな。

最近70年安保闘争から始まる新左翼運動の推移をあさま山荘事件と山岳ベース事件を中心に調べてたんだが、追えば追うほど鬱モードに入ってく。
何でこんなことになっちまうのかっツー感じだ。
しばらく封印。
脳を躁状態にもっていく!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
連合赤軍事件をしばらく封印するので締めとして書いておく。


迎合するな。
Z 2010/02/18(Thu)01:24:55 編集
無題
俺も調べてみます
モモタロス 2010/02/18(Thu)13:16:38 編集
無題
日本の右往左往については、新生やら親米やらの細分化でアレのため、自分は最近の情勢だけ気にとめています、なう。
みつを 2010/02/18(Thu)23:00:31 編集
無題
>加賀
 おもしろいよ。鬱になるけど

>みつを君
 時代の流れと人心の動きみたいなものを追っていくと、近代以降ループしているのがわかります。
右や左っていうのは実はあまり関係なくて、少数派と多数派という観点から見ると226事件であるとか西南戦争であるとかは学生運動などとまったく同じ類のものであり、不満をもつ少数派が一定以上の勢力になると大概暴動になります。
226事件の場合は体制側に潜在的な同調派が多かったため後の大きな流れを作りますが、本質はいっしょであると思います。

現在の情勢だけ見ていると、全く同じことを繰り返すんじゃないかな。
2010/02/22(Mon)20:16:25 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ[PR]